Nagaya Tenmangu Shrine 永谷天満宮 浅間神社 <横浜市港南区上永谷>

横浜の富士塚巡りで横浜市港南区の永谷天満宮の境内社浅間神社を訪れた。裏山の天神山にある。

天神社 (てんじんしゃ)
御由緒
相模國鎌倉郡永谷郷の鎮守天満大自在天神は 人皇六十一代醍醐天皇延喜二年菅相亟左遷の石切筑紫太宰府に於て五十八歳の御時寳鏡に向ひ自ら御像三體を彫刻せられ一體は御末子菅秀才敦茂卿に賜ふ 即ち相模國永谷郷に安置し奉る御丈け一寸八分の御尊像之れなり一體は筑紫太宰府 一體は河内國土師村に安置し奉る尊像之れなり 
菅秀才敦茂卿此の御尊像を奉體し関東に下向し永谷の郷に居城を構へ朝夕崇拝し給ふ
其後相尋で菅原文時藤原道長上杉金吾等に傳はり明應二年丑年二月相模國八ヶ國の領主上杉刑部大夫藤原乗國永谷に居城し霊夢を蒙り恭く宮社を造営し御神像を安置し奉る
其後天文十二年宅間伊織介藤原綱頼宮社を修造し天正十年藤原規富新に宮社を造営し奉る故に本社は鎌倉八ヶ郷の総社にして関東天満宮に渡らせ給ふなり 然るに世の治亂に伴ひ時に宮社の盛衰ありと雖も約壱千年の星霜を経る今日猶依然として崇敬者増大す
曽ては往時鎌倉八ヶ郷内に在る八十餘の末社の神官祭事を勤むる慣例なりき
徳川幕府學問を奨励し文筆の神関東の司當社天満宮を尊崇すること浅からず十代将軍家治の時天明元年より開帳毎に神輿江戸城に入り 将軍自ら恭しく奉拝す 誠に神徳洪大無邊也
日本三体永谷天満宮 (手水舎傍)
相模国鎌倉郡永谷郷の鎮守天満大自在天神は神体の長さ一寸八分の木像で、延喜二年 (九〇二) 菅原道真公筑紫太宰府 (福岡県) にて鏡に向かい自ら自身像三体を彫刻され、一体を子息敦茂に与えられた。敦茂はこの尊像を奉体し関東に下向、永谷郷に居住した。その後尊像は菅原文時、藤原道長、上杉金吾等に伝え、明応二年 (一四九三) 鎌倉八ヶ郷の領主藤原乗国が夢のお告げにより、この地に宮社を建立し尊像を安置したという。このことは新編相模風土記にも記されている。
江戸時代になり学問を奨励したので、文筆の神として天満宮への尊敬がまし、とくにこの神体が道真公自作の尊像であって、十代将軍家治の時、老中田沼意次の紹介により天明元年 (一七八一) 以来毎年神輿にて江戸城に入り将軍自ら拝観された。尊像三体のうち一体は筑紫太宰府、一体は河内国 (大阪府)土師村に安置されている。
横浜市港南区役所 横浜市観光協会
横浜市地域史跡 永谷天満宮境内 平成二年十一月一日登録

天神社 (てんじんしゃ) 神奈川県神社庁
https://www.kanagawa-jinja.or.jp/search_dtl.php4?jid=251&cd=1204020&scd=&npg=9


2020年3月27日
横浜市港南区上永谷5-1-5

関連

Viewing of Yokohama Fujizuka 「横浜の富士塚」 探訪記録 1
https://hamabra.at.webry.info/201312/article_59.html

Nagaya Tenmangu Shrine 永谷天満宮 <横浜市港南区>
https://aunkomainu.at.webry.info/201311/article_33.html





IMG_9568_1200.JPG参道入口


IMG_9570_1200.JPG


IMG_9571_1200.JPG御由緒


IMG_9572_1200.JPG


IMG_9573_1200.JPG


IMG_9574_1200.JPG
石灯籠


IMG_9575_1200.JPG
石灯籠


IMG_9576_1200.JPG社殿


IMG_9577_1200.JPG天神山へ


IMG_9578_1200.JPG


IMG_9579_1200.JPG天神山


IMG_9580_1200.JPG


IMG_9581_1200.JPG浅間神社


IMG_9582_1200.JPG


IMG_9583_1200.JPG


IMG_9584_1200.JPG菅秀塚


IMG_9585_1200.JPG


IMG_9586_1200.JPG


IMG_9587_1200.JPG


IMG_9588_1200.JPG天神山の桜が満開


IMG_9589_1200.JPG澤瀧不動尊


IMG_9590_1200.JPG


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント