住吉神社 <横浜市南区>

横浜市南区の住吉神社を再訪した。隣接する高台はミナミの丘メモリアルパーク。 2021年4月19日 横浜市南区井土ヶ谷上町33-2 御由緒 始まり 住吉神社は創立年代は不詳であり、乗蓮寺朱印地の中にありましたが、明治維新の神仏分離によって境内を区別され村社になりました。 図会を見る…
コメント:0

続きを読むread more

高蔵寺の春花

石楠花寺で知られる高蔵寺は春花が爛漫。 シャクナゲ、イカリソウ、ウラシマソウ、ハッカクレン、ホウチャクソウ、ユキモチソウ、クマガイソウ、ミツバツツジ、アセビ、リキュウバイ、ボタン、ムサシアブミなど 2021年4月3日 町田市三輪町1739 通用門 花の塵 石楠花園 石…
コメント:0

続きを読むread more

三ツ池公園 コリア庭園の亀形山

三ツ池公園コリア庭園に造成されている亀形山。 亀形山 KUHYONGSAN  亀は長寿であり、生命の源泉である水と緑の深い動物である。古来、長寿を祈願する人々の気持ちを庭苑に亀石を設置することで表現してきた。7石で表現した亀形山は、高麗時代初期(1090年)において江原道の文殊院禅苑に見られる…
コメント:0

続きを読むread more

三ツ池公園 コリア庭園前のヘテ

三ツ池公園コリア庭園前のヘテに再会した。近くで見ると愛嬌のある顔。 ソーシャルディスタンスを保っているのでマスクなし。 2021年3月16日 横浜市鶴見区 カイチは朝鮮半島にも伝わり、ヘテ(해태)とよばれる。ヘテは漢字で書く場合には「海駝」と当て字される。漢字のカイチが朝鮮語ではヘチ(해치)又はヘテ(해태)と読ま…
コメント:0

続きを読むread more

図書紹介 大阪狛犬物語 塩見一仁

狛犬から歴史が見える! 狛犬は、時代や文化そしてその中で生きる人々を写す鏡である。 狛犬が神様を守り、人々の心が狛犬を守る。 目次 第一章 住吉さんの狛犬 第二章 足止めの狛犬 第三章 コマイヌサン 第四章 大阪城公園の中国獅子 第五章 二つの伊射奈岐神社の謎と怪獣狛犬 第六章 吹田村定七 第七章 出…
コメント:0

続きを読むread more

歓成院(大倉山観音) <横浜市港北区>

歓成院は、妙義山法華寺と号す。歓成院は、善通法印(永禄18年1567年寂)が創建したという。旧小机領三十三所子歳観音霊場12番、東国八十八ヵ所霊場23番。 新編武蔵風土記稿による歓成院の縁起 (太尾村)歓成院 村の中央より少く東北の方によりてあり、土人是を中の寺と呼ぶ、古義真言宗にて鳥山村三會寺末、妙義山法華寺と稱す、開山善通…
コメント:0

続きを読むread more

民家の狛犬

民家の玄関で受付をしている狛犬。 (阿吽探訪一覧には非掲載) 2021年1月13日 横浜市青葉区 関連 阿吽探訪 https://auntanbo.at.webry.info/201904/article_2.html
コメント:0

続きを読むread more

ノエル舞踏会展

ギャラリー路地裏でノエル舞踏会展(9名参加)を鑑賞。 2020年12月26日 東京都中央区銀座 ポストカード 路地裏へ 路地裏入口 路地裏入口 展示風景 田村さんの狛犬画 隣のビルはしばらくビル工事 路…
コメント:0

続きを読むread more

「狛犬さんぽ」

「狛犬さんぽ」が届いた。著者は狛犬愛好家のミノシマタカコさんで、監修は川野明正先生。狛犬愛好家でなくても楽しめる内容だ。 全国約100社の狛犬が紹介されているが、何歩歩けば全社をさんぽできるかな? 2020年12月15日
コメント:0

続きを読むread more