Shijiki Shrine 志自伎神社 <長崎県平戸市野子町>


平戸島南端寺社巡りで志自伎神社(志々伎神社)を訪れた。中宮。『延喜式』神名帳式内小社。狛犬四対。

創建年代は5世紀頃とも言われるが、正確には不明である。



志々伎神社

志々伎神社(しじきじんじゃ)は、長崎県平戸市野子町にある神社。志志伎神社あるいは志自伎神社とも表記する。式内小社、旧社格は県社。九州各地に志々岐・志式・志自岐として分社がある。

概要
創建年代は5世紀頃とも言われるが、正確には不明である。神域は平戸島の南端近くにある志々伎山(標高347.2メートル)を中心としており、古くは山の頂上に上宮、中腹に中宮、麓にある漁村の宮の浦に地の宮(下宮、邊都宮)、そして宮の浦沖の沖ノ島に沖の宮がそれぞれ置かれ、別に別当寺として円満寺が設けられていた。祭神は日本武尊の子、仲哀天皇の異母弟で、神功皇后の三韓征伐に従い、その後当地に留まり西国警護を命ぜられたと伝えられる十城別王(十城別命)で、地の宮は王が設けた武器庫を転用したもの、沖の宮は王の墓所であると伝えられている。
『延喜式』神名帳において肥前国内では4社ある式内社の一つとしてその名があり、壱岐・対馬地域を除く長崎県内では唯一であり、最も古くから知られた神社である。その後も松浦党諸家や周辺地域漁民の崇敬を広く集めた。
現在の祭祀等の中心は中宮となっている。当初は志々伎山山頂下の祠にあったが、永禄2年(1559年)に中腹に、さらに1961年(昭和36年)に明治初年に神仏分離令により廃された円満寺(当社の別当寺)の跡地である現在地に移った。
旧社殿地は1974年(昭和49年)に「旧式内社志々伎神社跡」として長崎県史跡に指定されている。

志々伎神社@Wikipediaより
https://ja.wikipedia.org/wiki/志々伎神社



2019年5月6日
長崎県平戸市野子町251


関連

Southern Hirado Shrine Tour 平戸島南端寺社巡り
https://aunkomainu4.at.webry.info/201905/article_8.html

平戸行乞記 2019年5月6日
https://masaji1000.at.webry.info/201905/article_5.html

平戸行乞記 2019年5月
https://masaji1000.at.webry.info/201905/article_1.html









画像



画像
参道


画像
旧木製鳥居


画像



画像



画像



画像
社殿


画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像
扁額


画像



画像



画像



画像
ムサシアブミ(武蔵鐙)


画像



画像



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック