Tomioka Hachiman Shrine 富岡八幡宮の木彫狛犬 <横浜市金沢区>

IMG_7171_1200.jpg

富岡八幡宮公式サイトのご神宝のページに木彫り狛犬が二対あると紹介されている。私の探訪記録では木造狛犬は社務所に陳列されていた写真の一対のみであった。


ご神宝

木彫狛犬
komainu.png
桃山時代

富岡八幡宮には現在二対の木彫の狛犬が遺されており、一対は一木造、一対は寄木造である。これはその内の一対、寄木造で漆塗りの彩色、力のこもった全体形や狛犬の表情などに精彩があり、なかなかの優作となっている。

ご神宝@富岡八幡宮より抜粋
http://www.tomioka80000goo.org/goshinpou01/


4月18日に未拝観の一対の狛犬についてお問い合わせフォームで問い合わせたところ、4月22日に電話で回答があった。

回答要旨
・本殿解体修理の際、床下より発見された。
・一木造、前足欠損。
・製作時期は室町時代か室町時代以前(推定)。
・収蔵庫に保管し非公開。
・写真は残していない。

横浜市で現存する最古の狛犬か?

まだ、未訪の神殿狛犬があるかも知れないので、今後、未訪の「横浜市の神殿狛犬調査、探訪」を行う。

2020年4月22日
横浜市金沢区富岡東4-5-41

木彫狛犬写真
2014年7月18日撮影

関連

富岡八幡宮
http://www.tomioka80000goo.org/

Hachiman Shrine 富岡八幡宮 <横浜市金沢区>
https://aunkomainu.at.webry.info/201407/article_20.html



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント