Lecture 講演会「歩いて見つけた沖縄の石獅子」

歩いて見つけた沖縄の石獅子 現在、沖縄県には南部を中心に集落を見守る村落シーサー(石獅子)が130体ほど残っています。若山恵理氏は、今主流になっている陶製のシーサーの元祖とされている石獅子を、約10年間かけて探し歩き、お年寄りや詳しい方にお話をきいています。沖縄の歴史、石獅子の発祥、石獅子の役目、それから分かる庶民の暮らしや思いな…
コメント:0

続きを読むread more