lecture 2019 講座『狛犬から眺めるアジアと日本』 第六回


明治大学リバティアカデミー講座

『狛犬から眺めるアジアと日本』

石の霊獣が結ぶ郷土の感性(その3)



第一回 第二回 第三回 第四回 第五回 第六回

第六回

沖縄のシーサーたち



個人宅や村の守護など、随所に置かれ親しまれる沖縄のシーサー、東シナ海の獅子像文化の視座からお話します。


講師 川野 明正(かわの あきまさ)


2019年7月1日
明治大学駿河台キャンパス


第三回講座 配付資料

46頁
okinawaShisa_01_1485.jpg


講座概要


画像



 今年度で三回目になるこの講座では、神社のわき役とみなされがちな狛犬を、一転日本とアジアを知るための主役に据えて眺めます。日本各地の狛犬研究家の方々をお招きして、江戸狛犬の実地探訪や地方の狛犬文化についての講義をして頂き、日本の各地各様の個性ある狛犬のかたちやありかたを探りつつ、日本の狛犬をアジアのライオン像の展開という大きな流れのなかに位置づけて考えます。



関連

明治大学リバティアカデミー
https://academy.meiji.jp/

2017年講座
lecture 講座『狛犬から眺める日本とアジア』 第一回
http://aunkomainu2.at.webry.info/201704/article_6.html

2018年講座
lecture 講座『狛犬から眺めるアジアと日本』 第一回
https://aunkomainu3.at.webry.info/201805/article_2.html









IMG105_2319_1200.JPG明治大学駿河台キャンパス アカデミーコモン


IMG105_2320_1200.JPG講義


IMG105_2321_1200.JPG川野講師


IMG105_2325_1200.JPG記念撮影


IMG105_2328_1200.JPG補講


IMG105_2331_1200.JPG大盛


第一回 第二回 第三回 第四回 第五回 第六回

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント